松倉重政

松倉重政(まつくら しげまさ、天正2年(1574年)? - 寛永7年11月16日(1630年12月19日))は戦国時代末期〜江戸時代初期の大名。大和五条藩主、肥前日野江(島原藩)藩初代藩主。松倉重信(右近)の長男。母は秦楽寺氏。正室は筒井定次の娘。子に松倉勝家(長男)、松倉重利(次男)、娘(藤堂嘉以正室)。

日野江に入封後、苛政と搾取を行い、子の松倉勝家と共に島原の乱の主因を作った。

おすすめ情報

生涯

松倉家は元々は大和(奈良県)の筒井家の家臣であった。筒井順慶没後、筒井家が伊賀に転封されると、松倉重政は大和に残って豊臣家の配下となった。慶長5年(1600年)単身関ヶ原の戦いに参陣して徳川家康に認められ、大和の五条二見城主となった。五条では諸役を免除して商業の振興を図るなど城下町の整備を行った。

慶長20年(1615年)大坂夏の陣に際しては、大和郡山城の救援や、道明寺方面での後藤基次勢との戦いの功によって、有馬晴信の旧領であった肥前日野江4万3千石を与えられて移封した。(元和2年、1616年)

元和4年(1618年)、一国一城の制にしたがって従来あった原城と日野江城を廃して島原城(別名:森岳城)の築城を開始する。廃城となった原城、日野江城などから領民達に石材を運搬させ、数多くの人夫を動員して島原城は完成した。禄高4万3千石でありながら10万石の大名の城に匹敵する分不相応な規模の城を築いたため、領民から過酷な搾取を行うこととなった。この際、検地を行い、領内の石高を実勢の倍近くに見積もり、領民の限界を超える税を取り立てた。 この島原城の普請の際に功のあった千々石村の和田四郎左衛門義長の訴えにより、海風による塩害を防ぐために千々石海岸に堤防を築き松を植えさせた。この松は今も防風林として千々石町に残っている。

さらに重政は幕府への忠誠を示すため、禄高に見合わない規模の江戸城改築の公儀普請役を請け負い、それらの費用を捻出するために過酷な搾取を重ねた。

南蛮貿易の利を得ていた重政は入部当初キリシタンを黙認していたが、江戸幕府のキリシタン弾圧政策に従って元和7年(1621年)になるとキリシタンの弾圧を開始。最初はゆるやかなものだったが、寛永2年(1625年)に将軍徳川家光にキリシタン対策の甘さを指摘されると発奮し、徹底的な弾圧を開始した。顔に「吉利支丹」という文字の焼き鏝を押す、指を切り落とすなど種々の拷問を行い、寛永4年(1627年)には雲仙地獄で熱湯を使ったキリシタンの拷問・処刑を行うなど、キリシタンや年貢を納められない農民に対し残忍な拷問・処刑を行ったことがオランダ商館長やポルトガル船長の記録に残っている。寛永6年(1629年)には長崎奉行・竹中采女正重義にすすめて長崎中のキリシタンを雲仙に連行している。 さらに、キリシタン弾圧への取り組みを幕府に対しアピールするため、キリシタンの根拠地であるルソン(フィリピン)の攻略を幕府に申し出る。家光はじめ幕閣の一部も乗り気になったため、先遣隊を派遣するなどし、遠征準備に取りかかり、そのためのさらなる戦費を領民に課した。

出兵実施の矢先、重政は寛永7年(1630年)に小浜温泉で急死。あまりの悪政を見かねた幕府による毒殺ともいわれ、宣教師たちは罪のないキリシタンたちを責め殺したために狂死したのだと噂した。享年57歳。島原市内の江東寺に墓所がある。

お気に入り